「終末のハーレム」11話(2巻)無修正エロ画像とネタバレ。ナンバー3の担当官・神谷花蓮がちっぱいと乳首を披露!

エロ系

「終末のハーレム」11話(2巻)の無修正エロ画像やネタバレ、あらすじ、無料で全ページ見る方法を紹介。

「終末のハーレム」11話(2巻)無修正エロ画像とネタバレ。ナンバー3の担当官・神谷花蓮がちっぱいと乳首を披露!

第11話【世界宣言】

 

全世界に発信されたニュースの前に姿を出した怜人。

 

この世界に男がまだ生きているということに驚く女性たち。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

怜人は

 

コールドスリープから目覚めたこと。

 

MKウイルスへの抵抗力を持っていること。

 

希望を捨てないでほしいこと。

 

MKウイルスの特攻ウイルス作ろうとしていること。

 

などを自らの口で告げる。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

 

その映像を見守る一人の女性。

 

胸元にはペンダントが…

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

こうして、怜人の存在は世界中に知られることとなった。

 

怜人の演説が終わると鬼原国務長官は火野恭司ら、他の生き残りの男性の存在については口外しないことを約束させる。

 

怜人たちが車で帰っていると、妹のまひるから電話が。

 

まひるは自分に何の相談もなしに、いきなりこのような演説をしたことを怒る。

 

と、同時に怜人が危険な目に逢う可能性が増えることも心配するまひる。

 

【ナンバー3の担当官・神谷花蓮のちっぱいと綺麗な乳首は次のページへ】

コメント