「終末のハーレム」2話(1巻)無修正エロ画像とネタバレ。周防美来が巨乳で綺麗なピンク乳首を初披露!

エロ系

「終末のハーレム」2話(1巻)の無修正エロ画像やネタバレ、あらすじ、無料で全ページ見る方法を紹介。

「終末のハーレム」2話(1巻)無修正エロ画像とネタバレ。周防美来が巨乳で綺麗なピンク乳首を初披露!

2話【女たちの世界】

 

2040年、世界は未知のウイルスの蔓延により、男性の99,9%が死滅し、ほとんどの国が無政府状態となり、各地で暴動が勃発。

 

この事態を収めるためにUW(United Women)が立ち上がった。

 

UWは各地の暴動を軍を使って鎮圧し、世界を統括し始めていた。

 

また、生き残っていた一部の男性たちはコールドスリープに入った。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

そんな中、UWは秘密裏にナンバー1のコールドスリープを解除。

 

このナンバー1はすでに性交渉を開始している。

 

そして残った4人も順次コールドスリープから目覚める予定。

 

(怜人も目覚めたので残り3人)

 

 

これが怜人がコールドスリープに入っていた間に起きた世界の動きであると周防美来が説明する。

 

怜人は人工授精すればいいのでは?と提案するも、

人工授精も試したが、女児なら生き延び、男児なら数日で死んでしまったと説明する。

 

 

そしてすでに性交渉により、ナンバー1の子を身ごもった女性がいることも伝える。

著者名:宵野コタロー 引用元:少年ジャンプ+

そして男がいなくなったことで、科学者も技術者も半減。

 

数多くの科学技術がロストテクノロジーに。

 

このままでは人類が滅びてしまう可能性もある。

 

それを回避するためには、怜人に一人でも多くの子どもを作ってもらう必要があることも伝える。

 

【周防美来の巨乳で綺麗なピンク乳首は次のページへ】

コメント